交通事故の後遺症は弁護士に依頼しよう

Pocket

後遺症交通事故により生じた後遺症は、一人ひとりが異なる部位や痛みを感じています。
後遺障害は、16等級142項目に等級がわかれています。

後遺障害診断書を提出したのち、等級認定されるまでには色々な審査があります。
その基本は、労働能力がどの程度、喪失されているかがポイントです。
この等級により、慰謝料や損害賠償などが決定されますので、適正な診断を願いばかりです。等級認定には2つの手続きがあります。

自賠責保険の会社に対して直接請求をする「被害者請求」と任意保険会社が被害者に対して治療費などを支払う過程で決定する「事前認定」とがあります。
この2つの保険会社が提出された資料を「損害保険料率算出機構」に提出することで、その機構独自の判断にて、後遺障害等級が認定されます。
原則、書面主義と呼ばれていて、認定のために提出した書類のみで公平に審査されます。

後遺障害の内容によりどの級に属した症状か、その後遺症は、本当に交通事故により生じたものであるかを徹底的に調査します。正しい認定結果を望むのであれば、認定基準をしっかりと把握することと、後遺症を立証できる資料を揃えておくことが重要です。
後遺障害等級の認定は思いのほか難しいことがわかりました。これらを踏まえて、弁護士に依頼することが重要だと考えます。


▼関連リンク

後遺症慰謝料について – 弁護士法人アディーレ

弁護士に相談する

Pocket

後遺障害交通事故で後遺障害になってしまった場合には、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。
後遺障害の認定基準である等級により、損害賠償請求に大きな開きがでてきます
適切な「後遺障害等級」を決定づけるためには、弁護士の力が必要だと考えます。
また、後遺障害の認定結果に納得ができなければ、保険会社を相手取り、異議申し立てをするべきです。
その際には、個人での交渉では決して太刀打ちできません。
なぜ、認定されなかったのか、こちらの医学的な観点からも解る症状とともに再度、加害者に対して訴えかけます。
そこで提出する書類も弁護士を介して提出したものでなければ、認定結果が覆されることはほぼありません。

後遺障害の治療をこの先続けていても、改善する見込みがないと判断された状態を「症状固定」と言います。これは、医師により診断が下されます。交通事故が発生した日から、半年から2年ほどで決定することが一般的です。これにより、後遺障害認定を申請することができます。
申請には、医師による後遺障害診断書がまず必要な書類です。傷病名、レントゲンやMRIなどの画像所見、知覚・反射・筋力などの神経学的な検査についての所見。障害が起きている部位。自覚症状などをしっかり記載されています。

後遺障害の等級

Pocket

交通事故に遭うだけでも大変なことですが、重大なケガをした場合には更に深刻化して、今後の対応をどうすればいいのか悩みの種になります。後遺障害になってしまった場合には、さまざまな書類を作成して、準備する必要がありますので、入院などで精神的にも大きなダメージを受けている状態では、あまりにも煩雑な手続きは、気持ちも滅入ってしまうことでしょう。

弁護士に相談そのような時こそ、弁護士に相談しては如何でしょう。
交通事故を専門にしている弁護士の中には、後遺障害に特化している場合が多くありますので、インターネットなどで探してみることもいいでしょう。
医学の知識を持っているかどうかでは、今後の申請や慰謝料請求にも左右される部分も多くありますので、しっかりと吟味して自分たちの希望などにあう弁護士に依頼すべきでしょう。
さて、弁護士に相談したり、依頼することで何がどのようにかわるのか説明します。

交通事故を起こした加害者が加入している保険会社から慰謝料の提示がされてきますが、この金額は保険会社が独自の基準で算出したものになります。
保険会社も企業ですので、抑えた額で示談に持ち込みたいという考え方もあるようです。そのような低額で署名してしまうと、被害者側にが今後、何が起きようと、もうそれ以上の慰謝料を請求することは不可能です。

しかし、弁護士に後遺障害の解決依頼をすることで、慰謝料が大幅にアップすると言われています。なぜならば、今までの裁判の判例を基準としている「裁判基準」で算出されるからです。これは、自分たちだけでは、参考にすること自体とても難しいので、やはり弁護士に依頼するべきであると考えます。