交通事故の後遺症は弁護士に依頼しよう

Pocket

後遺症交通事故により生じた後遺症は、一人ひとりが異なる部位や痛みを感じています。
後遺障害は、16等級142項目に等級がわかれています。

後遺障害診断書を提出したのち、等級認定されるまでには色々な審査があります。
その基本は、労働能力がどの程度、喪失されているかがポイントです。
この等級により、慰謝料や損害賠償などが決定されますので、適正な診断を願いばかりです。等級認定には2つの手続きがあります。

自賠責保険の会社に対して直接請求をする「被害者請求」と任意保険会社が被害者に対して治療費などを支払う過程で決定する「事前認定」とがあります。
この2つの保険会社が提出された資料を「損害保険料率算出機構」に提出することで、その機構独自の判断にて、後遺障害等級が認定されます。
原則、書面主義と呼ばれていて、認定のために提出した書類のみで公平に審査されます。

後遺障害の内容によりどの級に属した症状か、その後遺症は、本当に交通事故により生じたものであるかを徹底的に調査します。正しい認定結果を望むのであれば、認定基準をしっかりと把握することと、後遺症を立証できる資料を揃えておくことが重要です。
後遺障害等級の認定は思いのほか難しいことがわかりました。これらを踏まえて、弁護士に依頼することが重要だと考えます。


▼関連リンク

後遺症慰謝料について – 弁護士法人アディーレ