弁護士に相談する

Pocket

後遺障害交通事故で後遺障害になってしまった場合には、早い段階で弁護士に相談することをおすすめします。
後遺障害の認定基準である等級により、損害賠償請求に大きな開きがでてきます
適切な「後遺障害等級」を決定づけるためには、弁護士の力が必要だと考えます。
また、後遺障害の認定結果に納得ができなければ、保険会社を相手取り、異議申し立てをするべきです。
その際には、個人での交渉では決して太刀打ちできません。
なぜ、認定されなかったのか、こちらの医学的な観点からも解る症状とともに再度、加害者に対して訴えかけます。
そこで提出する書類も弁護士を介して提出したものでなければ、認定結果が覆されることはほぼありません。

後遺障害の治療をこの先続けていても、改善する見込みがないと判断された状態を「症状固定」と言います。これは、医師により診断が下されます。交通事故が発生した日から、半年から2年ほどで決定することが一般的です。これにより、後遺障害認定を申請することができます。
申請には、医師による後遺障害診断書がまず必要な書類です。傷病名、レントゲンやMRIなどの画像所見、知覚・反射・筋力などの神経学的な検査についての所見。障害が起きている部位。自覚症状などをしっかり記載されています。